ビットコインを隠すならペーパーウォレット!

ペーパーウォレットにBTCを隠すホタル

こんにちは!ホタルです!

今回は、ゲームで増やしたビットコイン(BTC)を、ハッキングリスクが低いコールドウォレット「ペーパーウォレット」に保管する方法について詳しく説明しようと思います。

ペーパーウォレットとは

暗号資産に触れたことがある人なら「ペーパーウォレット」の存在は知っていると思いますが、実際に使ったことがある人、もっと言えば使い方を知っている人って少ないですよね?

ネットで調べても、ざっくり説明した記事しか出てこないので「よくわからないからやっぱやめよー」って思った人も多いと思います。

でも、ペーパーウォレットが最もハッキングリスクの低いウォレットなのは確かで、言葉を隠さず説明すれば、監視や規制を避けてビットコインを隠すのに最も適したウォレットなんです。

ペーパーウォレットの見本

↑こちらがビットコインのペーパーウォレット。
ペーパーウォレットは無料で作ることができ、自分しか知らない「公開鍵(入金アドレス)」と「秘密鍵(出金アドレス)」でビットコインを管理することができます。

ゲームで増やしたビットコインは、ゲーム内のウォレットからペーパーウォレットに直接送金することで安全に保管することができますが、インポートするのが難しいのが欠点です。

インポートすることが難しい

ペーパーウォレットに隠したビットコインを取り出すには、秘密鍵を使ってホットウォレットにインポートする必要があります。

でも、現在ペーパーウォレットからホットウォレットにインポートするのに適したサービスが少なく、というか、ほとんどありません・・・。

インポートできない

つまり、ペーパーウォレットに隠したビットコインは時が来るまで長期でホールドしなければいけないということです。

ペーパーウォレットの作り方

ペーパーウォレットの作り方はとても簡単です!
セキュリティを高めるために、使用するウェブブラウザはシークレットモードを利用してください。

  • STEP1
    ダウンロード
    ダウンロード
    まずはじめにウェブブラウザのシークレットモードで「https://www.bitaddress.org/」にアクセスし「(zip)」のリンクをクリックしてファイルをダウンロードします。
  • STEP2
    オフライン
    オフライン
    wifiなどを切ってオフラインにします。
  • STEP3
    ファイルを開く
    ファイルを開く
    オフラインにしたら、はじめにダウンロードしたファイルを開き「bitaddress.org.html」をクリックします。
  • STEP4
    乱数を生成
    乱数を生成
    表示が100%になるまで、画面上で適当にマウスを動かします。
    このランダムなマウスの動きにより、bitadressがウォレットを作成するのに使用する乱数種(乱数を生成する元になる値)が生成されます。
  • STEP5
    低セキュリティのウォレット
    低セキュリティのウォレット
    表示が100%に達すると「SHARE(公開鍵)」「SECRET(秘密鍵)」が表示され、基本的な低セキュリティのペーパーウォレットが完成します。
    このままでも使えますが、BIP38暗号化の作業を行いセキュリティを高めます。
  • STEP6
    BIP38暗号化
    BIP38暗号化
    まず「Paper Wallet」をクリックし、デザインされたペーパーウォレットを表示します。
    次に「BIP318 Encrypt?」にチェックを入れ「Passphrase」に2段階認証用のパスフレーズ(メモ必須)を入力「Addresses to generate」に作成するペーパーウォレットの数を入力します。
    ここに入力した数字の分だけ、アドレスの違うペーパーウォレットが作成されます。
    最後に「Generate」をクリック。
  • STEP7
    高セキュリティのウォレット
    高セキュリティのウォレット
    BIP38で保護されたペーパーウォレットが完成しました。
    セキュリティが高くなると、デザインがオレンジからブルーに変わります。
    「Print」をクリックし、完成したペーパーウォレットをプリントします。
    プリント後は、必ずペーパーウォレットのコピーを全て削除してください。

プリント時の注意

実際にプリントアウトしたビットコインペーパーウォレット

プリントする際は、パソコンとプリンターがwifiで繋がった状態でプリントせず、ペーパーウォレットをUSBメモリーなどにダウンロードしてから、プリンターで印刷します。
ネットワークプリンターを使用しなければ、プライベートキーが盗まれるリスクを回避することができます。

また、ビットコインアドレスやプライベートキーが長すぎてデザインからはみ出てしまっているものもあるので、デザインが崩れていたら新たにウォレットを作り直します。

保管時の注意

BIP38で保護されたペーパーウォレットは、ウォレットを開くのにパスフレーズが必要です。
パスフレーズは忘れないようにメモし、ペーパーウォレットとは別の場所に保管するようにします。

そして、ペーパーウォレットはBIP38で保護されているので、パスフレーズがわからない限り、第三者が秘密鍵を読み取ったところで、ビットコインを取り出すことはできません。

なので、BIP38で保護されたペーパーウォレットは複数枚印刷、フリーザーバッグに入れるか、ラミネート加工し、分散して保管するようにします。

これで、ペーパーウォレット最大のデメリットと言われている紛失、色褪せ・劣化などを回避することができます。

画像やPDFファイルで保存しない

最後に、作成したペーパーウォレットをプリントせずに画像やPDFファイルで保有する方法は、ハッキングリスクが高いのでおすすめできません。

入金方法

ペーパーウォレットへの入金方法はとても簡単!
出金先のウォレットで、ペーパーウォレットの左側にある公開鍵(Load & Verify)のQRコードを読み取る、もしくは、ビットコインアドレスを直接入力して送るだけです。

先程作ったペーパーウォレットに、ビットコインダイスの「freebitcoin(フリービットコイン)」から少額のビットコインを送金してみようと思います。

  • STEP1
    ペーパーウォレットの用意
    ペーパーウォレット
    ペーパーウォレットの左側にある公開鍵(Load & Verify)のQRコードを読み取る、もしくは、ビットコインアドレスを直接入力します。
  • STEP2
    freebitcoinから送金
    freebitcoinの出金ウォレット
    freebitcoinの出金ウォレットはビットコインアドレスを直接入力するタイプなので、金額(今回は0.0003BTC)と、ペーパーウォレットのビットコインアドレスを入力して「WITHDRAW」をクリックします。
    これで、ペーパーウォレットへの送金処理が完了しました。

残高の確認方法

ペーパーウォレットにビットコインが送金されたかを確認します。

  • STEP1
    ペーパーウォレットの用意
    ペーパーウォレット
    残高の確認をするにはペーパーウォレットの左側にある公開鍵(ビットコインアドレス)が必要です。
  • STEP2
    公開鍵を入力
    公開鍵を入力
    https://www.blockchain.com/」にアクセスし、検索窓に公開鍵(ビットコインアドレス)を入力しエンターを押します。
  • STEP3
    チェーンを選ぶ
    チェーンを選ぶ
    チェーンを選ぶページに移動するのでBTCを選択します。
  • STEP4
    残高表示
    残高表示
    ビットコインアドレスと、送金した金額(0.0003BTC)が表示されました。
    freebitcoinから送金し、15分ぐらいでペーパーウォレットに送金されていました。

出金方法

出金方法については、現在インポート(プライベートキーの読み込み)に適したサービスがないので、便利なサービスが見つかり次第このページでお知らせしようと思います。

現在は利用できない(途中でエラーになる)ようですが、残高の確認に使用した「https://www.blockchain.com/のウォレット」でインポートする手順だけでも掲載しておこうと思います。

  • STEP1
    ペーパーウォレットの用意
    ペーパーウォレット
    出金するにはペーパーウォレットの右側にある秘密鍵(プライベートキー)と生成時に決めた2段階認証用のパスフレーズが必要です。
  • STEP2
    ウォレットにログイン
    ウォレットにログイン
    まずはblockchain.comのウォレットにログインし、設定リンクの中にある「Wallets & Addresses」をクリック。
  • STEP3
    Import Address
    Import Address
    次に、Bitcoin Walletsの右側にある「Import Address」をクリック。
  • STEP4
    プライベートキーの入力
    プライベートキーの入力
    プライベートキーを入力する画面が表示されるので、プライベートキーを入力し「Import Private Key」をクリック。
  • STEP5
    2段階認証用のパスフレーズ
    2段階認証用のパスフレーズ
    最後に2段階認証用のパスフレーズを入力し「Submit」をクリックします。

ペーパーウォレットは匿名性が高いので「マネーロンダリング」や「ダークウェブの闇取引」で使われることを政府機関が懸念し、インポートできるサービスが少なくなっているのかもしれません(私の勝手な憶測ですが・・・)。

なので、近々にビットコインを引き出す予定があったり、そのビットコインが余剰資金でない場合には、ペーパーウォレットではなく、モバイルウォレットか取引所のウォレットに送金するのがベストです!

そして最後に、ペーパーウォレットを使う上でとても重要なことがあります。

一度使用したペーパーウォレットは再利用しない

パスフレーズを入力して出金が成功したペーパーウォレットは、プライベートキーがインターネット上に晒されたことになるので、このプライベートキーを使用して、資金を保管するのはリスクになります。

なので、ペーパーウォレットを使う場合は資金を残さないようにしてください。

一度でも送金に使用したペーパーウォレットは破棄、再使用せず、また使う時には新しいペーパーウォレットを作成してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました