Trezor Model Tの使い方

ハードウェアウォレットLedger Nano Xの使い方を説明するホタル

こんにちは!ホタルです!

今回は、ゲームで増やしたビットコイン(BTC)を、ハッキングリスクが低いハードウェアウォレット「Trezor Model T(トレザー・モデル・T)」に保管する方法について詳しく説明しようと思います。

Trezor Model T(トレザー・モデル・T)とは?

Trezor Model T(トレザー・モデル・T)は、暗号カジノやフォーセットの運営会社も利用している世界で最も実績のあるハードウェアウォレットです。
ハードウェアウォレットは、コールドウォレット(インターネットと完全に切り離されたウォレット)の一種で、暗号カジノで増やした暗号資産(仮想通貨・トークン)を、誰にも気付かれることなく安全に保管することができます。
1,456種の暗号資産(仮想通貨・トークン)に対応!さらに、セキュリティの高い隠しウォレットを無制限に作成できます!

製品仕様

Trezor Model T

  • Bitcoin・Litecoin・Ethereum (+all ERC-20)など、1,456種類以上の暗号資産(仮想通貨・トークン)に対応済み。
  • 1.54インチ・カラーのタッチスクリーン。
  • 無制限の隠しウォレット。

寸法・重量

サイズ64mm × 39mm × 10mm
重量22g

安全性と認証

すべてのTrezorは、CEおよびRoHS認定を受けており、すべての品質、信頼性、および環境基準を満たしています。
そしてTrezorは、X線装置の影響を受けず、安全に飛行機に持ち込むことができます。

Trezor Model Tの購入方法

Trezor Model T

Trezor Model Tの購入方法はとても簡単。
Trezorの公式ショップ(https://trezor.io/)にアクセスして「Trezor Model T」を、ネット販売で公式ショップから直接購入するだけです。

公式ショップから世界中に発送しているので、日本の住所にも発送してもらえますよ!

Trezor Model T

私も、公式ショップから直接注文して自宅に届けてもらいました!
スペインに住んでいますが配送会社がUPSだったので、スムーズに到着しました。
発送元の住所(TREZORの住所)はチェコ共和国でした。

付属品に注意する

購入したTrezor Model Tの付属品に、記入済みのリカバリーシートが入っていたり、本体に貼られているホログラムシートが剥がされていたり、とにかく誰かが使用した形跡がある場合は、即使用を中止してカスタマーサポートに連絡してください。

セットアップと同期

Trezor Model Tを使うには、Trezor Model T本体と無料の専用ソフトウェアと同期する必要があります。
ここでは私が実際に行ったセットアップの手順を分かりやすく説明しますね。

  • STEP1
    専用ソフトウェアのダウンロード
    専用ソフトウェアのダウンロード
    パソコンから専用ソフトフェア「TREZOR SUITE」のダウンロードページ(https://trezor.io/start)にアクセスして、自分の使っているパソコンのOSを選んでソフトウェアをダウンロードします。
  • STEP2
    本体を接続
    TREZOR SUITEを起動
    TREZOR SUITEを起動し、パソコンにTrezor Model T本体を接続します。
  • STEP3
    匿名データ収集許可
    匿名データ収集許可
    匿名データ収集許可のページに切り替わるので「確認」をクリックして次に進みます。
  • STEP4
    セキュリティチェック
    セキュリティチェック
    購入した本体が、セキュリティチェックの項目通りか確認して、問題なければ「Trezorをセットアップ」をクリック。
  • STEP5
    ファームウェアをインストール
    ファームウェアをインストール
    次に「ファームウェアをインストール」をクリックします。
  • STEP6
    インストール中
    インストール中
    数分でインストールが完了します。
  • STEP7
    インストール完了
    インストール完了
    インストールが完了したら「続ける」をクリック。
  • STEP8
    新しいウォレットを作成
    新しいウォレットを作成
    「新しいウォレットを作成」をクリック。
  • STEP9
    標準のシードバックアップ
    標準のシードバックアップ
    ここから一番重要なウォレットのバックアップを行いますが、私は「標準のシードバックアップ」を選択しました。
  • STEP10
    ウォレットのバックアップ
    ウォレットのバックアップ
    画面にTrezor Model T本体で確認するよう指示が出ます。
  • STEP11
    新しいウォレット
    新しいウォレット
    Trezor Model T本体に「新しいウォレットを作成しますか?」と表示されるので「チェック」をクリック。
    表示の中にあるhttps://trezor.io/tosは、利用規約のPDFファイルです。
  • STEP12
    バックアップを作成
    バックアップを作成
    パソコンの画面に戻り「バックアップを作成」をクリックします。
  • STEP13
    バックアップを開始
    バックアップを開始
    確認手順にチェックを入れ「バックアップを開始」をクリック。
  • STEP14
    確認
    確認
    Trezor Model T本体に注意事項(リカバリーシードをデジタルコピーしたり、オンラインにアップロードしたりしないでください。)と表示されるので「I understand」をクリック。
  • STEP15
    リカバリーシード
    リカバリーシード
    Trezor Model T本体に12単語のリカバリーシードが表示されるので、画面をスワイプして確認し、メモします。
    リカバリーシードはアカウントを復元するために必要な唯一のバックアップなので、順番通り、正確にメモします。
    リカバリーシード
    最後までメモしたら、再度確認し、間違いなければ「Hold to confirm」を長押しします。
  • STEP16
    シードの確認
    シードの確認
    Trezor Model T本体に「12個のうち1個を選択してください」と表示されるので、メモした12単語のうち、1番目の単語を選択します。
  • STEP17
    リカバリーシードの確認終了
    リカバリーシードの確認終了
    シードの確認を何度か繰り返すと、Trezor Model T本体に「リカバリーシードの確認が終了しました」と表示されるので「Continue」をクリック。
  • STEP18
    バックアップが完了
    バックアップが完了
    続いて、Trezor Model T本体に「バックアップが完了しました」と表示されるので「Continue」をクリック。
  • STEP19
    PINへ進む
    PINへ進む
    パソコンの画面に「ウォレットのバックアップが完了しました」と表示されているので「PINへ進む」をクリック。
  • STEP20
    PINを設定
    PINを設定
    次に「PINを設定」をクリックします。
    PINとは暗証番号(パスワード)のことです。
  • STEP21
    PINを設定
    PINを設定
    画面にTrezor Model T本体で確認するよう指示が出ます。
  • STEP22
    PINを有効にする
    PINを有効にする
    続いて、Trezor Model T本体に「PIN保護を有効にしますか?」と表示されるので「チェック」をクリック。
  • STEP23
    PINの入力
    PINの入力
    数字を押してPINを作成します。
    PINは最大で10文字まで入力できます。
    PINはTREZOR Model Tの起動時や送金時に必要になる重要なコードなので、リカバリーシードとは別なところに、必ずメモしてください。
  • STEP24
    PINを決定
    PINを決定
    PINを入力したら「チェック」をクリック。
  • STEP25
    PINの確認
    PINの確認
    Trezor Model T本体に「新しいPINを再入力してください」と表示されるので、先ほど作成したPINをもう一度入力します。
  • STEP26
    PINの認証が有効
    PINの認証が有効
    Trezor Model T本体に「PIN認証が有効になりました」と表示されるので「Continue」をクリック。
  • STEP27
    PINの設定が完了
    PINの設定が完了
    パソコンの画面に「PINを設定しました」と表示されているので「続ける」をクリック。
  • STEP28
    コインを有効にする
    コインを有効にする
    次に、初期設定の時点でウォレットに追加したいコインを選択します。
    この設定はいつでも変更できるので、必要最小限のコインにチェックを入れるだけでOKです。
    チェックを入れたら「セットアップ完了」をクリックします。
  • STEP29
    セットアップ完了
    セットアップ完了
    これでTREZORの基本的なセットアップが完了しました。
    Trezor Model T本体の名前(愛称)を変更する場合は「名前を変更」から修正することができます。
    このままウォレットの作成を行うので「Suiteにアクセス」をクリックします。
  • STEP30
    ウォレットの種類
    ウォレットの種類
    ウォレットの種類を選択する画面が表示されます。
    「標準ウォレット」はPINのみでアクセスできるウォレットです。
    「隠しウォレット」はPINの他に、英数字と記号を組み合わせた複雑なパスワードを設定して作るウォレットです。
    続けるには、どちらかのウォレットを選択してクリックします。
  • STEP31
    ダッシュボード
    ダッシュボード
    これでウォレットが完成しました。
    「標準ウォレット」はひとつだけですが「隠しウォレット」は追加で作ることが可能になっています。

受け取り方法

Trezor Model Tで、暗号資産(仮想通貨・トークン)を受け取る方法はとても簡単です!

  • STEP1
    銘柄の選択
    銘柄の選択
    Trezor Model Tで受け取りたい暗号資産(仮想通貨・トークン)の銘柄を選び「受信」をクリック。
  • STEP2
    アドレス表示
    アドレス表示
    「完全なアドレスを表示」をクリック。
  • STEP3
    TREZORで確認
    TREZORで確認
    画面にTrezor Model T本体で確認するよう指示が出ます。
  • STEP4
    アドレス確認
    アドレス確認
    アドレスが合っているか確認し「チェック」をクリック。
  • STEP5
    受信アドレス(入金アドレス)
    受信アドレス
    暗号カジノから、暗号資産(仮想通貨・トークン)を受け取る場合は、この受信アドレス(入金アドレス)を暗号カジノの出金画面にペーストしてください。

送信(送金)方法

Trezor Model Tから、暗号資産(仮想通貨・トークン)を送信(送金)する方法はとても簡単です!

  • STEP1
    銘柄の選択
    銘柄の選択
    Trezor Model Tから送信(送金)する銘柄を選び「送信」をクリック。
  • STEP2
    金額の入力
    金額の入力
    送付先アドレス(カジノ側の入金アドレス)と金額を入力し、送金スピードを選択。
    「確認して送信」をクリックします。
  • STEP3
    TREZORで確認
    TREZORで確認
    画面にTrezor Model T本体で確認するよう指示が出ます。
  • STEP4
    アドレス確認
    アドレス確認
    アドレスが合っているか確認し「チェック」をクリック。
  • STEP5
    取引確認
    取引確認
    取引確認が表示されるので、合っていれば「Hold to confirm」をクリック。
  • STEP6
    送信完了
    送信完了
    パソコンの画面に戻り「送信」をクリックすれば、送信(送金)完了です。
タイトルとURLをコピーしました